スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
赤岳・天狗尾根
  初級バリエーションの赤岳天狗尾根に行ってきました。
CL:早坂 陽
メンバー:大矢 敏文

 2月24日
美し森駐車場ー出合小屋ー天狗尾根ー赤岳山頂ーツルネーツルネ東稜ー出合小屋

 当日2時までバイトだったので睡眠時間は1時間。最近はこんな登山ばっかりです・・・
美し森駐車場から出合小屋までは傾斜もなくトレースもあり。楽にアプローチさせてもらいました。
ただ、やけにシカが死んでおり、一匹はミイラでしたがもう一匹はかなり生々しかったです。しかも道中やたらシカの骨が転がってました。これが地獄谷の名前の由縁でしょうか・・・
 出合小屋に着き、先客もいないのでテントを広げ、準備。トレースあるだろと思いワカンも小屋にデポし、出発。
 
 少し歩き、地形図を見て、天狗尾根はわかってもトレースは見当たらず、腰ラッセルで天狗尾根に突入。
ワカンをデポしたことを後悔しながら、30分ほどでトレースにぶつかりました。
取り付きは結局わかりませんが、ありがたくトレースを使わせてもらいサクサク進み、ハサミでアイゼンを付け進み、よくわからないまま進みましたので、結局ロープも使わず、赤岳山頂に着きました。

 そのままキレットを超え、ツルネに到着。                           
早くビールが飲みたく、トレースを使い下降していると急にトレースもなくなりこれ以上降りられない急な尾根の
末端に着き、道を間違えたことに気づき、1時かけて登り返しました。その後は正規の尾根を見つけ、無事に出会い小屋に着き、宴会をして終了。

2月25日
出合小屋ー美し森駐車場

 特に何もなく下山して終了しました。


早坂
 

続きを読む >>
山行記録-2008年度 | 21:52:20 | Trackback(0) | Comments(0)
八ヶ岳、赤岳一泊二日山行
     2月18日、19日

   CL 宮野 
   SL 早坂
メンバー 石井 勝野 寺澤

 冬の合宿に備えてという意味も込めて八ケ岳山荘から登り始めた。18日の天気はずっと雪でこの日はやまなかった。
 11時ごろに南沢小滝に到着してテントを張り荷物を軽くして出発した。
 13時ごろに行者小屋に到着しそこでアイゼンをつけた。行者小屋を出てしばらくしたら急登で、ピッケルに頼りながら少しづつ登って行った。稜線上に出てから南沢小滝を出てからペースダウンしていた寺澤さんがギブアップして早坂さんと一緒に下山した。稜線上は猛吹雪でトレースが消えかかっていてそれを探すためペースダウンしていた。幸い追い風だったので、前に一歩出すのもつらというわけではなかったので、無事に分岐点に到着しました。しかし相変わらず猛吹雪で、赤岳山頂付近が一番の急登で、これ以上登るのは危険だと判断し下山した。
 南沢小滝に戻って軽くアイスクライミングをした後、夕食を食べようと思ったら鍋の具材を部室に置き忘れて、あるのは鍋キューブと白滝のみ・・・。仕方ないので朝食のカレーうどんを夕食にして明日はすぐ下山することになった。就寝時早坂さんは僕らが戻ってくるまで雪洞を掘っていたのでそこで寝るといってテントでは4人で寝た。4人でも結構きつかった。

 19日は7時に起きてテントを片付けて下山した。天気は曇り
 
勝野



山行記録-2015年度 | 15:19:05 | Trackback(0) | Comments(0)
夏休み合宿
メンバー:早坂 髙橋

期間2014/9/27-2014/10/1

南アルプス全山縦走をやめ
バリエーションルートをたくさんやりたいということで、北アルプスの涸沢に定着し、山を楽しんだ。
1日目に涸沢まで行き一泊
2日目東稜に向かった。足場が悪くとりつきまで行くのに苦労した。
取り付きについたが、ロープを使わなくても行けると判断し、そのまま岩肌に取り付き北穂へ
天気も最高でサクサク進み昼前に山頂
予定を変更してドーム中央へ
最初のチムニーをこえるのが大変であったがかっこよく声を出しながら登った。
3日目北尾へ向かった。
簡単だったのでマルチで行った。
前穂、奥穂と進んだ。
奥穂で御嶽山が噴火しているのが見え驚いた。
4日目B沢へ向かうものの足場が悪く断念
5日目下山
途中グーグルおじさんに出会った。
天気はとてもよく楽しめた。


山行記録―2014年度 | 22:52:08 | Trackback(0) | Comments(0)
チャリンコ山行
9月9~10日
 メンバー:早坂 陽


  ずっと行きたいと考えていた、日向八丁尾根に行ってきました。
相方も見つからず、足もないのでチャリンコで行ってきました。

 4時に出発し、8時過ぎに駒ヶ岳神社に到着。かなり達成感があり、もう帰りたいと思いましたがせっかく来たので行きました。エアリアでは破線ですが、特に迷いやすいようなところもありませんでした。が、只々長かったです。

17時過ぎに六号石室着。さすがに遅すぎで猛省してます。先客に2パーティいました。
その後は飯を食って寝ました。

  次の日は5時出発で8時前くらいに甲斐駒山頂。そのまま黒戸尾根を下山。
1時位に駒ヶ岳神社着。その後はチャリンコで帰りました。行の半分位の時間で家に着きました。

八丁尾根は危険な個所には鎖・梯子がかけてあり、危険個所は特にないですが、黒戸尾根より長いと感じました。
あと石室の水場はわかりにくいです…
 


早坂

山行記録-2008年度 | 20:47:34 | Trackback(0) | Comments(0)
南沢大滝・小滝
12月13日

CL:早坂 
SL:大矢 
メンバー:高橋 
     :勝野


 またアイスクライミングに行ってきました。
三時に部室集合。美濃戸口に4時半ごろ着き、歩き始めて1時間半で大滝・小滝着。

 最初、小滝に着くと1パーティのみなので、リードで登りトップロープをセットし全員に上ってもらい。
2時間くらいすると8人くらいのパーティがきたので、大滝に移動。

 しかし、持っているスクリューは5本で一本は刺さらないスクリューなので実質使えるスクリューは4本…
見てみると前半はかなり寝ているのでそこまでノープロで登れば何とかなると思いチャレンジ。

 前半は、ノープロで登りましたが落ちれば死ぬのでビビりながら登り、バーティカル手前で一本打ち込みましたが氷は、スカスカ。2・3回打ち込みなおし、登り始めました。少し、登りアックステンションをかけながらまたスクリューを打ち込みましたが相変わらずスカスカ。これを繰り返し、トップアウト。30分位登ってました。

 その後トップロープを張り、登ってもらいました。


 何とかスクリュー4本で登りましたが、もう2度とやりたくないです。大抵普通の人はスクリューを8本位使います。
金をためてスクリューを買おうと決心しました。

早坂

 

山行記録―2014年度 | 20:23:17 | Trackback(0) | Comments(0)
裏同心ルンゼ2
11月29日
    CL:早坂 陽
メンバー:岩崎 庄太郎


   先週に引き続き、裏同心ルンゼに行ってきました。天気予報は最悪。
でも突っ込んできました。4時に美濃戸口に着き、駐車代を払い準備を終えると結構な雨が降ってきました。
駐車代を払った手前帰るのも嫌なので岩崎が「帰ろう」と言ったら帰ろうと心に決め、出発。
 雨足は強くなる一方で帰りたいが岩崎が何も言わないので、結局そのまま赤岳鉱泉に着いてしまい休憩。

 先週と同様、5分くらいで裏同心ルンゼ着き、F1に着くと先週より氷がかなり薄かったです。
2回目なのでサクサク進み大同心基部へそのまま大同心稜を下り、下山しました。
 終了後、岩崎と話すと同じことを考えていたらしく、僕が帰ろうと言ったら帰るつもりだったそうです。


早坂

山行記録-2008年度 | 03:45:26 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。