FC2ブログ
 
■プロフィール

山梨大学山岳部

Author:山梨大学山岳部
このブログでは、山梨大学山岳部の活動を紹介しています。

山行記録、日々の活動など、山梨大学山岳部はどんな部活で、どんな活動をしているのかを皆さんに感じていただけると幸いです。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■Counter

■リンク
■ブログ内検索

新年登り初め in 経ヶ岳
2021年1月4日(月)  曇り

田島 小笠原 良知

毎年恒例の新年登り初め登山。恒例だけど冬山であることに加え、年末年始は実家に帰る人が多いため人も集まりにくい。
元々の予定では活火山(焼岳)に行くつもりだったためか3人しか集まらなかった…。
※なぜ予定を変更したのか?
 登山口である中ノ湯温泉に電話したら、「積雪は130cmくらいあり、最近人は入っていない」「中ノ湯までは四駆の車でないと無理」と言われたから
※なぜ経ヶ岳なのか?
 いくつか候補が出た中で、日本二百名山である事・『経』とつく中で最高峰の山であるらしい事が気になり、ドライバー権限と称し田島が決定したから


4時に甲府を出発し、まだ暗いうちに登山口である仲仙寺に到着。ヘッテンをつけてゴソゴソと準備を行い登山開始!
スタートに直後大きな倒木があった事、笹で道が不明瞭な事、尾根の北斜面では凍結箇所があった事以外に特に問題も無く四合目に到着。『〇合目』という看板はここで初めて出現した。

四合目のあたりから徐々に雪も現れ始め、標高を上げるにつれて積雪量がどんどん増加。七合目で一息入れてから、さらに上を目指す。
2035mの独標から先は風により踏み跡も消え、積雪も膝辺りまであったためワカンを装着。ワカンを使用するのは皆初めて。もちろんラッセルだってしたこと無い。実際にやってみるまでは「楽勝でしょ?」と舐めていたが、本当にキツイ。ワカンを忘れた良知以外の二交代制でヒーヒー言いながら登る。踏み抜いて腰まで埋まったり、踏み跡や目印が目立たなくなっていたりで道を探しながら進むためペースがガクンと落ちる⤵。急な斜面に喘ぎつつ、やっとこさ八合目のピークに到着。

八合目石碑
八合目の「望郷の碑」 地元の中学校の競歩登山を記念して建てられたらしい八合目からの展望
八合目は展望は良いものの、開けていて風も強く寒かったので停滞することなく歩を進める。この時期にこの先を目指す人は少ないようで、ここからは本格的に踏み跡が無かった…。さすがに動きっぱなしで疲れたので、八合目を過ぎて少しの森の中で風の弱い所で休憩をとる。

山頂直前だけ良知にも先頭ラッセルを(ツボ足で)体験してもらって登頂・記念撮影。
経ヶ岳登頂
看板
四合目からここまで我々を励ましてくれた看板には『まっくん』という松ぼっくりがモチーフのご当地キャラが描かれていたのだが、、、このキャラ、2011年のゆるキャラグランプリで最下位になったことから、公式サイトでも「日本一人気のないキャラクター」と紹介されている。なんて不憫な子…。
余談になるが、山頂所在地の南箕輪村(みなみみのわむら)は村名の実に半分をマ行が占める。噛みそう…。

下山
たっぷり休憩をとって下山開始。下っているとだんだんと天気が良くなっていく…(´;ω;`)。
下山中、風の強い箇所では2時間も経っていないのに登りでつけた踏み跡が埋まっている所も。「これが冬山の道迷いの一因か」などと考えていると…五合目過ぎ、融雪で滑りやすくなった道で田島が1mほど滑り落ちた。危険個所ではなかったものの怖かった…。その後は登った時より長く感じる道(登山あるある)を皆無言で無事下りきり、仲仙寺で初詣・鐘を突いてゴール!長かったぁ!!

ローメン
写真はとよばら食堂さんのローメン
下山後は空腹を満たすべく、伊那のローカルグルメ『ローメン』を食べてに行く。羊肉と野菜炒め、蒸した太めの中華麺を使っていれば『ローメン』と名乗れるようで、提供する店舗ごとに汁があったり無かったりなど少しづつ異なるようだ。しかも、配膳されてから好みに合わせてソース、酢、ごま油、ラー油などで各々の好みの味に調整することが推奨されている。自分の手元で完成される前提の料理なのである。なんとも不思議だ…。気になる人はぜひお試しを。

最後に一言。
今回初めて体験したラッセルは非常に疲れたが良い経験になったので、未体験の部員はぜひ一度体験してみて欲しい。
山頂直下ツボ足ラッセル
    ☆ラッセル中☆


文責 田島

<行動記録>
甲府(4:00)-仲仙寺(5:53)…四合目(6:50~7:00)…七合目(8:16~11:24)…2035m独標(8:43~9:04)…経ヶ岳(11:20~11:50)…八合目(12:47~13:03)…七合目(13:39~13:52)…五合目(14:14~14:22)…仲仙寺(15:26)-甲府

山行記録-2020年度 | 19:11:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する