スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大学生春山リーダー研修会①
5月20~26日にかけて、国立登山研修所の主催する大学生春山リーダー研修会に参加してきました。

19日
授業終了後に車で富山に向かい、登山研で前泊しました。

20日
8時頃受付をし、講義室にて開会式を行いました。
今回は関西方面からの参加者が多いように感じました。

その後、ナビゲーション技術の講義を受け、6つの班に分かれて食料計画・行動計画を立てました。
私は5班に配属され、担当の講師は谷口さんと加藤さんでした。
班員は全員女子で、立教大、専修大、早稲田大、同志社大などの面々でした。

午後は個人・共同装備の確認をしてから、登山の運動生理と効果的なトレーニング法の講義を受けました。
夕食、入浴が終わってからは班でルートの確認を行い、地形図を用いてベアリングをしました。
今までエアリアに頼った山行ばかりだったので、磁北線の引き方・ベアリング等の知識を1から学べてよかったです。

21日
6時15分から立山駅周辺のゴミ拾いをしました。
早坂先輩が研修会に行ったときの記事を見ると、全然ゴミがなかったと書いてあったので、血眼でゴミを探しました。
思ったよりたくさんゴミがありました。

その後朝食を食べ、春山の気象を雪氷についての講義を受けました。
講義の後は再び班別研修で、ロープワーク実習、テント設営の練習を行いました。
テント設営中、私の車のすぐそばを猪が駆け抜けていったので、車の状態がちょっと心配になりました。登山研ではよく見る光景だそうです。


アンカー設置の練習をしているとき、ATCの上部にバックアップをとるのがよいのか、下部にとるのがよいのかを講師の方に聞いたところ、下部にとるのがよいと聞いて勉強になりました。上部だと手が届かなくなってしまうことがあるそうです。盲目的に実行するのではなく、何事も理由を考える癖をつけようと思いました。
一方で一緒に参加した勝野の班は暑い中何時間もロープを出して畳んでを繰り返していたので、班によってやることがこんなに違うのかと驚きました。

夕方からはペミカン作り、パッキング、入山ルートの確認等を行いました。
女子といえど、ザックの重量は全員30キロを越えました。それでも外付けなしでパッキングできたので、マカルーを買ってよかったです。
ちなみに専修大山岳部は全員ガッシャ&ベガらしいです。
パッキングの後は明日に向けて早めに就寝しました。


寺澤

山行記録-2015年度 | 10:22:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。