FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南アルプス縦走
8月11日-19日
CL:山中仁美
SL:黒岩龍也
メンバー:岡村直人、白井佑、広田あかり

8月11日曇り
夜叉神峠登山口-夜叉神峠-杖立峠-苺平-南御室小屋
前日の台風の影響により、9時のバスに乗り込んだ。10時ごろに夜叉神峠登山口に着き歩き始める。今まで持ったことのない重さの荷物を持ち、足に来たが無事南御室小屋に着いた。

8月12日雨
南御室小屋-薬師岳-観音岳-地蔵岳-白鳳峠-広河原峠-広河原小屋
南御室小屋を出発し、稜線に出たら雨が降り出した。前日よりも荷物が重い。早川尾根が通れないという情報を得ていたため、白鳳峠から広河原峠に下りた。雨も強く、足場も悪く鎖場もありとても疲れた。当初の予定では長衛小屋まで行く予定だったが、天気も悪かったので広河原小屋に泊まった。

8月13日晴れ
広河原小屋-長衛小屋-仙水小屋-仙水峠-甲斐駒ケ岳-双児山-長衛小屋
林道を歩き長衛小屋に向かった。テントを張り必要な荷物を持って甲斐駒ケ岳を目指した。天気も良く景色を楽しみながら登ることができた。

8月14日雨
長衛小屋-小仙丈ケ岳-仙丈ケ岳-大仙丈ケ岳-両俣小屋
この日も雨だった。荷物が重い。休憩も言葉を交さない。仙塩尾根が途中通れないという情報を得て、その情報は間違っていたのだが、雨が多く気持ちが沈みかけていた私たちに南アルプス縦走を達成したいという気持ちを思い出させてくれた。コースタイムの1.5倍かかったが無事両俣小屋にたどりついた。

8月15日雨
両俣小屋‐三峰岳-間ノ岳-農鳥小屋
この日もずっと雨だった。レインが乾かない。三峰岳を過ぎ間ノ岳にたどり着いた。視界は真っ白。それに加え風が今まで経験したことがないほどの強さだった。風にあおられ何度もこけた。風に対する恐怖を初めて感じた。その日は尾根を歩くことが不可能と判断し農鳥小屋に向かった。

8月16日雨
農鳥小屋-熊ノ平小屋
北岳、農鳥岳に向かう予定だったが、この日も風が強く、熊ノ平小屋へ向かい南下することにした。ライチョウが途中まで道を案内してくれた。景色が楽しめないため、ライチョウに会えることが唯一の楽しみだった。

8月17日(停滞)雨
熊ノ平小屋
塩見に向かう途中、広田さんが足を捻挫してしまった。この日は10時間以上歩かなければテン場がないため、足の状態を確認し、無理と判断し、熊ノ平小屋に戻り停滞した。この日も天気が悪かった。

8月18日雨→晴れ
熊ノ平小屋-三峰岳-両俣小屋
初めは雨だったが、お昼頃天気が回復し始めた。久しぶりの太陽だ。下山すると決まってから回復しだした天気が憎かった。しかし、盛大な山々を見ていたら感動し涙が出た。そのまま晴れた稜線を歩き両俣小屋に着いた。

8月19日晴れ
両俣小屋-野呂川出合-広河原
両俣小屋から林道を歩き野呂川出合に出てバスに乗って甲府へ帰った。


夏山組で一年前に立てた目標。そのためにみんなでトレーニングをし、個々でも走った。達成したいという気持ちはみんな強かったと思う。目標達成それが一番だったのかもしれないが、私はみんなと一つの目標に向かい努力したことは無駄にならないと思う。また一緒に登った仲間に感謝したい。

山中

山行記録―2014年度 | 17:41:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。