FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大学生夏山リーダー研修会
 春に続けて大学生夏山リーダー研修会に参加してきました。

8月30日
  今回は前回と違い夜行バスで富山に向かいました。正直全然寝れず、あまり体調は良くないです。

8月31日
  バスが着き、吉野家で朝飯を食べていると電車に乗り遅れてしまい登山研修所に着くと東先生に「早く来い」と怒られてしまいました。すぐに開会式が始まり、ナビゲーションの授業を受けると今回は5班に配属されました。講師の先生はプロガイドの黒田誠先生・高津充夫先生です。メンバーは京都府立大学や東大山岳部などの面々でした。班で話し合い今回の入山計画は室堂から剣沢に入るという計画です。しかし、天気図を見ると本州に停滞前線があり台風も近づいて来ているので天気が良くなる事はないだろうと話しながらも、もし天気が良くなったらcフェースと源次郎をやろう!!という計画になりました。
 その後食糧計画をし、登山医学の授業を受けました。その後は全員でロープを90秒以内に畳む訓練でミスがあり、班全員で腕立て50回をし、その日は終了しました。

9月1日
  朝食を食べ、確保理論の授業を受けロープワークの確認をしました。午後になり、天気は雨なのでほとんどの班が体育館で訓連しており、かなり窮屈でした。マルチピッチシステムの確認を班で行いギアをハーネスに着けるコツや素早く上るコツなどを教えてもらいました。今まで懸垂のバックアップはディッセンダーの上部にしていましたが、ディッセンダーは30cm程延長し、その下にバックアップをした方が良いと教わりました。その後は野菜を切ったり、装備分け・パッキング等の入山準備をし、その日は終了しました。
 余談ですが前回お世話になった山岳警備隊の石川先生は非番の日に同僚の方と剣に登り、怪我した人を救助して新聞に載ったそうです。

9月2日
  ケーブルカー・バスで室堂に着くと雨は降っていませんでした。ゲイターをレインの上に着けようとして怒られてしまいました。雨の時はゲイターをレインの下に着けないと意味がないそうです。出発する時に雨が降ってきました、かなり雨風が強く、震えている人もいました。地形図を確認しながら、前進基地前に着き、テントを5分以内に立てろと指示を受けました。しかし、そのテントがポールが6本位ある巨大なものでなかなか立てることが出来ず、2時間位何度もテントを立てては畳を繰り返し、何とかテントを立てその日は終了しました。

9月3日
 前進基地から別山のピークを踏み、そのまま別山岩場に向かいカム・ナッツ・残置物の危険性を教わり2班に分かれマルチピッチの練習、ロープがクラックに入ってしまいロープが重くなってしまい大変でした。その後カムを使っての懸垂を行い、テントに戻りました。班のメンバーで教えられたことを話し合い、その日は終了しました。
DP3M1249.jpg



山行記録―2014年度 | 05:31:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。