FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
黒戸尾根・単独
11月30日 竹字駒ヶ岳神社→笹ノ平→黒戸山→五合目→七丈小屋(ツェルト泊)
12月1日 七丈小屋→山頂→五合目→黒戸山→笹ノ平→竹字駒ヶ岳神社

メンバー:早坂

 部のみんなはスポ体に参加していて、参加できないということなので単独で黒戸尾根に行ってきました。

11月30日 
 大矢先輩に車を出してもらい竹字まで送ってもらいました。ありがとうございます。今回は部の目標である厳冬期黒戸尾根の偵察も兼ねているのでしっかりコンパス・地形図を持ち地形と赤テープなどを確認しながら進んで行きます。前日忙しくて磁北線を鉛筆で引いてしまい大変見にくく、今回の反省点です。8時半位から歩き始めると雪はなく、笹平から雪が出始めましたがトレースがあり、歩きやすく13時半には7丈小屋に着きました。
 部には大きいテントしかないので今回は自前のツェルト(中古で1000円)で来ました。ツェルトを立て中に入るとチャックが閉まらないという問題が発生。本気でチャックを引き何とか締めました。本を読んで時間をつぶし、そのあとはさっさと飯を済ませシュラフに入り、寝ました。整地をがんばったので夜に起きることもなく快適に眠れました。

12月1日
 3時に起床し、朝飯を済ませ4時過ぎに出発、アイゼンを着け稜線に出るとモナカ雪で歩きにくいが2時間と少しくらいで山頂に着く、寒いので山頂を2分程で発ち、下山を始めました。5合目の小屋跡で休憩していると小屋跡からトレースがあり、時間もあったのでトレースを追いかけてみるとどんどん道が険しくなって行き、懸垂が必要な位の谷にトレースが続いていき、追いかけることをあきらめ戻る。あのトレースの正体を知っている方がおりましたらコメントをください。その後、特に何もなく竹字に下山。岩崎に連絡し、車で迎えに来てもらい帰宅しました。



文責 早坂 陽




山行記録-2008年度 | 15:18:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。