FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
一年生山行
10月13・14日(日・月) 鳳凰三山
CL 前川諒輔
SL 金子達也
メンバー
田代光 若林洋介 清水大地 渡瀬慧
10月13日 
甲府駅6:40→8:30御座石温泉→11:00燕頭山→13:00鳳凰小屋→14:30地蔵岳→15:50:鳳凰小屋

天候:晴れ

朝6:40分頃に甲府駅前に集合し電車で韮崎駅まで行き、その後バスに乗り換え御座石温泉まで向かった。下では気温が大体20度半ばぐらいあったが、御座石では10度ぐらいで、だいぶ温度差があり肌寒いどころか寒かったのに一人は最初から半袖で登り始めスゴイと思った。ただ、体調を崩さないかが心配であった。登り始めてからはすぐに急な坂道があり、すぐ体が温まり冷たい風が心地よかった。途中で優しいお姉さんたちに出会い、たくさんのお菓子と笑顔と元気を頂いた。本当にありがたかった。燕頭山までは辛い登り道であったが、そこからは比較的なだらかな道ばかりであった。鳳凰小屋到着後、30分ほど休憩し地蔵岳に向かった。ピストンだったので、多くの荷物を置いてき、持っていく荷物が少なくなったので皆調子にのってペースを速めにしたらすぐばててしまい、後半の砂山のような場所はとても苦戦した。登頂するとすごく眺めが良く風が吹いていて寒かった。登頂後、数人が体調不良を訴えたのですぐにおりた。下った後、鳳凰小屋のホームページ作りに協力した後、テントの中でカレーを食べ、明日のことを話し合った後就寝した。
PA130106_convert_20131021220845.jpg


10月14日

7:00鳳凰小屋→→8:00五色滝→8:40白糸滝→12:15青木鉱泉→14:30甲府駅

天候:晴れのち曇り

4:00に起床。昨晩話し合った結果これ以上登るのは危険と判断し、すぐに下山をすることに決定していたが、準備不足でヘッドライトが3つしかなく辺りがまだ暗く道が見えないので仕方なく辺りが明るくなるまでテントで待機した。明るくなった後、すぐに下山を開始したが、白糸滝を少し下ったところで遭難者がいることを聞かされ、心配していると、下っている途中で救助を手伝ってくれないかと言われたので少しだけお手伝いをした。遭難者はソロで登っていて道を間違え滑落し、2日間飲まず食わずだったらしい。改めて山が恐ろしいことをその時は実感した。その後、バスの時間が迫ってきていたので急いで下り、青木鉱泉についた。そこで、バスの運転手さんが気を回してくれて自分達のためだけにバスをわざわざ出してくれ、帰りはリラックスして帰れた。

今回は初の一年生だけの登山で、想定外なことが色々起こりとてもたいへんだった。そして、改めて山に携わっている人はいい人ばかりだなぁと痛感した。救助の際には自分ら以外にも心配してその場にいた人がいたし、小屋の管理人さんも気さくな方だっだし、バスの運転手にもお世話になったし、自分もこういう人たちを見習おうと思った。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

山行記録-2013年度 | 12:58:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。