FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南アルプス合宿
8月20日~30日   南アルプス縦走
CL:宮野将綱
SL:池田歩
メンバー:岩崎庄太朗

8月20日
天候:晴れ
6:56夜叉神峠登山口→7:41夜叉神峠小屋→9:08杖立峠→10:28苺平→11:03南御室小屋→12:56薬師岳→13:28観音岳→14:53鳳凰小屋

合宿初日。重い荷物を背負っていざ出発。
気温が高く、汗だくになりながら歩いていく。
だらだらと長いのぼりを登っていき薬師、観音まで。初日なので荷物の重さで肩が痛い。
空が澄んでいて遠くまで見渡せてすばらしい。
鳳凰小屋への下りが1番きつかった。
鳳凰小屋のおじさんがブログに載せてくれた。ありがとうございます。


8月21日
天候:晴れ
5:26鳳凰小屋→6:36オベリスク→9:55早川尾根小屋→12:26アサヨ峰→15:08仙水小屋

今日はまずオベリスクへ。ロープが張ってありクライミングができない人でも安全に登れた。
ここからは早川尾根へ突入。
意外とアップダウンが激しいく、気温が高いので水がどんどん減っていく。
同じような道がずっと続いていて精神的にもきつかった。
早川尾根小屋ではロックな音楽が流れていた。
仙水小屋のトイレが下に水が流れていて嫌な臭いがしなくてとてもよかった。

8月22日
天候:晴れ
6:30仙水小屋→8:14駒津峰→9:10甲斐駒ケ岳→9:56摩利支天→10:44駒津峰→12:50北沢駒仙小屋

この日は甲斐駒ケ岳に登った。天気も良くて景色がすごいキレー。
摩利支天には初めて行ったけどすごいよかったです。僕のお気に入りの場所になりました。
北沢駒仙小屋はには1時前に着いたのでのんびりと3日間の疲れを取りました。
今日が今回の山行の最北端。こっからは南下していくだけ。頑張ろうと意気込んで就寝。
月が綺麗。

宮野

8月23日
天候:曇り/雨
5:51北沢駒仙小屋→8:44仙丈ヶ岳→13:40両俣小屋

この日から天候が崩れていく。長い仙塩尾根を歩く稜線縦走。初めからガスっていて景色を楽しむことはできなかったが、長い稜線をひたすら歩くのは楽しかった。両俣小屋につきテントを幕営しているときに雨が降りはじめる。明日からはこの雨が長く続きそうだったのでもう一回気を引き締めた。

8月24日
天候:雨
2:38両俣小屋→7:03間ノ岳→8:18北岳山荘→9:21北岳→11:41間ノ岳→12:41農鳥小屋→13:49西農鳥岳→14:16農鳥岳→15:23農鳥小屋

朝から雨。だいぶ気分が落ち込むも、縦走をしている感を味わうことができ何か戦に出るような気分になった。北岳へ直接行くルートは通行止めになっていたので、間ノ岳を経由して北岳をピストンするルートに変更した。雨の中、途中何回か道に迷いながらも間ノ岳に到着。かなりの寒さだったため足早く北岳に急ぐ。やはり有名な山なので登山客は多い。北岳登頂後、農取小屋へ。強風の中なんとかテントを幕営。テントに荷物を置き水と行動食を持ち農取岳へ。やっぱりガス。なんだか一日中霧とにらめっこしていたが、南アルプスを代表する3000m峰を巡る山歩きはとても楽しかった。

8月25日
天候:雨
3:25農鳥小屋→10:17塩見岳→11:15塩見小屋→17:26三伏峠小屋

やっぱり雨。だが、なぜだか雨も楽しくなってきた。この日は縦走前半のヤマ場である、長時間行動。気を引き締めてかかった。稜線伝いのゆるやかな道でとても歩きやすく、さらに高山植物が生えていたので今までの岩がごろごろしているところを歩きっぱなしだった僕らにとっては至福のひと時であった。塩見岳に登頂し小屋に向かっていく最中、登山道で負傷者と会い僕らが応急処置を施して小屋まで歩行の補助をした。とっさの判断だったため適切な処置だったかどうかはわからないが、無事下山できたとの報告があり今は一安心。

8月26日
天候:晴れ
7:45三伏峠小屋→9:41小河内岳→12:22高山裏避難小屋

休息日。のんびり起きてのんびり朝食を食べのんびり歩く。前日までの雨がすっかり上がり、すがすがしい天気の中、初日からの縦走を皆で振り返りながら歩いた。
高山裏避難小屋の主人が個性的だった。ここの水場の水は南縦走のトップに君臨するほどうまかった。

岩崎

8月27日
天候:曇り/晴れ
3:25高山裏避難小屋→6:05荒川前岳→6:17荒川中岳→7:20悪沢岳→8:20荒川中岳避難小屋→9:19荒川小屋→11:43赤石岳→14:05百間洞山の家

朝は天気も悪く曇っていたが、荒川岳山頂でちょうど晴れてくれた。
荒川からの塩見が綺麗に見えて辛かった雨の塩見を思い出す。
赤石は山梨の方から登ると赤く見えなかったので、次は静岡のほうから登りたい。
百間平がやけに長く感じて辛かった。


8月28日
天候:晴れ
6:49百間洞山の家→7:47大沢岳→9:51兎岳→11:43聖岳→12:06奥聖岳→14:00聖平小屋

朝起きたら岩崎が夜にテントの横をクマが歩いていたと言っていた。
ほか二人はぐっすり寝ていたので気づかなかった。ビビッて寝不足の岩崎と出発。
大沢岳からの眺めがすごく良かった。歩きやすくて富士山も最高。池田おすすめの山です。
ここまで来ると荷物もだいぶ軽くなっていると実感する。その分疲れもだいぶある。
荷物と反比例する足の重さ。
兎岳、聖岳と歩き、聖平小屋に到着。
聖平小屋では、フルーツポンチをくれた。今までの疲れが取れていくようなきがする。
最高においしかったです。
テントの中は臭いが、自分の臭さが自分でわかるようになってきた。
そろそろ風呂に入りたい。

8月29日
天候:晴れ
4:12聖平小屋→6:03上河内岳→7:24茶臼岳→8:18仁田岳→9:57易老岳→11:55イザルヶ岳→12:17光岳小屋→12:46光岳→12:55光石→13:12光岳小屋

数日間天気が良かったと思ったら、台風が接近しているらしい。
風も強くなってきた。
茶臼岳では、ライチョウさんと初遭遇。親子でトコトコめっちゃかわいい。
茶臼を超えると歩きやすい道がずっと続いている。
静岡県側の山のほうがアップダウンがなくって歩きやすい。
このまま小屋かと思っていたら、小屋直前に急な登りが出現。
そこを乗り越え、小屋に到着。テントを建て光岳へ。
最後の山である光は展望がよろしくない。最後の最後でちょっとがっかり。
最終日は朝早いので早めに就寝。

8月30日
天候:曇り/雨
2:03光岳小屋→4:08易老岳→6:26茶臼岳→6:53茶臼小屋→8:39横窪沢小屋→9:50ウソッコ沢小屋→11:10茶臼岳登山口→12:35畑薙第一ダム

今日で合宿ラスト。岩崎がトイレで心霊現象が起こったと言っている。
池田がビビッてトイレに行けない。
そんなことがありながらも2時過ぎのバスに間に合うため、早めに出発。
台風で風がやばい。吹き飛ばされそうになりながらも昨日歩いてきた道を引き返す。
茶臼岳小屋を過ぎると風は来なくなってきたが、雨が強くなってきた。
雨が降ったり止んだりする中歩くが、この降りが本当にキツイ。
今までの疲れもあるだろうが、今合宿の中でここの降りが一番つらかった。
やっとのことでバス停に到着。
いろいろあったが、心身ともに強くなれたと気がする。
最高の仲間と最高の縦走ができて最高な気分です。
静岡駅付近で温泉に入り、合宿の疲れを癒す。ご飯を食べてここで解散。
合宿お疲れ様でした。

山行記録-2013年度 | 00:18:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。