FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
剱岳合宿 8月6日~10日
剱岳合宿 8月6日~10日
メンバー:大矢(院1年)・早坂(3年)・宮野(2年)・岩崎(2年)・高橋(2年)

8月6日
山梨大学→立山駅→室堂→雷鳥沢
天気:曇り/雨
この日は、車で富山まで移動、移動しているとき曇りぐらいでなんとか持つだろうと予想していたが、いざ立山駅まで行ってみると、雨が激しく降ってきた。今年で3年目になるが来るまで来ると、毎年ギリギリで雨が降る。まあ、あんまり濡れてないんでいいんですけど。そこから、室堂まで列車とバスで移動。室堂でも雨がパラパラ降っていて、ビバークしたかったが、駅員さんにダメと言われてしまったので。雷鳥沢小屋まで雨の中歩いて行った。小屋についてからちょうど雨も止んで、快適にこの日を過ごすことができた。あと、岩崎のコネでテン場代を払わなくても良かったのがよかった。

8月7日
雷鳥沢→剣沢
天気:晴れ
この日は雷鳥沢から剣沢までいって、雪上訓練をやる予定だ。雷鳥沢からの上りはみんな早かったが、大矢だけ、神経痛に悩まされちょっと足並みを揃えることはできなかった。剣沢についてから、少し休んで雪上訓練を行った。今回のメンバーは高橋君以外は雪山経験者なので、少しやればいいかと思っていたが。案外今までで一番長い時間やったのではないだろうか。理由は、剣沢まで案外早くついてしまったこと、早坂部長が今年初めて国立登山研究所で訓練を受けてきたので、それを教えてもらった。あと、高橋君が案外頑張っていたこともある。アイゼンを履いて大分傾斜のある雪を登ったり、滑落停止方法、雪上でのビレー方法などなかなか身になる訓練ができたと思う。訓練が終わって、ゆっくりと過ごした。夕方、小林さんも駆けつけてくれて嬉しかった。特に大矢は、三年目であり劔岳で小林さんに会うのも三年目であるので、感謝している。

8月8日
剣沢→Cフェース
天気:晴れ
この日は、Cフェースに向けて剣沢から雪渓を下っていった。まだ暗い早朝なので、雪も固まっておりアイゼンを装着、そこから長次郎さんを登っていった。やはり長次郎は厳しくCフェースにつくまでにヘトヘトになってしまったが、無事Cフェースの取り付きに一番手で到着できた。Cフェースでは2班に分かれて登っていき、そんなに難しくもないのでスラスラ登っていった。去年池田とかはビビって登るのが遅かったりしたが、練習のおかげかうまいこと登ることができた。そして、長次郎を下って剣沢に戻りこの日は終了した。

8月9日
剣沢→源次郎→劔岳→剣沢
天気:晴れ
この日は行動時間が一番長い日で10時間を超えるであろう山行であるので気合を入れて、剣沢から源次郎の取り付きへ行った。昨日同様にアイゼンをつけて、取り付きまで行き、源次郎は比較的簡単なのでスラスラ行った。3人ほど登れない人がいたので、途中一回だけロープを出して登っていった。やはり、人気ルートなので3パーティーぐらいはいた。帰りに、小屋で生ビールを飲んだ(900円)。

8月10日
下山
天気:晴れ
この日は、帰るだけだったので何事もなく帰途についた。
1098495_160246087498354_1203909421_n.jpg


山行記録-2013年度 | 13:38:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。