FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏合宿 9月6日~8日
9月6日~8日 編笠山ー権現岳ー赤岳ー横岳ー硫黄岳ー東天狗
CL:対馬稜(2年)
SL:山中仁美(2年)
メンバー:草野智徳(3年) 渋谷美咲(2年) 広田あかり(2年) 渡瀬慧(1年)

山行タイム
1日目 07:00小淵沢~10:45雲海展望台~11:30押手川~12:55編笠山~14:05青年小屋
2日目 05:00青年小屋~06:30権現岳~07:55キレット小屋~10:25赤岳~12:45三叉峰~13:00横岳~14:00硫黄岳~14:40夏沢峠~15:20本沢温泉
3日目 6:00本沢温泉~07:50東天狗~08:45中山峠~08:55黒百合平~10:55渋の湯

9月6日 晴れ
 前日は大雨で雷も酷かったがこの日は晴れた。
まず甲府駅から電車に乗って小淵沢駅までいった。小淵沢駅からは歩いて登山口まで行った。
前日の雨のせいで地面が濡れていて泥や水溜まりが多く少しだけ注意して歩いた。
一年生が辛そうだったので先輩たちが少し荷物を持つことを提案したが、何故かこの日だけは
その一年生は首を横に振った。編笠山の山頂に着いた時はすごく晴れていたので景色はきれいだった。この日はキレット小屋まで行く予定だったが、途中ですれ違ったおじさんが時間と遅い一年生を見て半笑いでキレット小屋まではきついと言われたので青年小屋にテントを張った。
 夕飯には面白い鍋とうどんを食べた。近くにあった川の水はきれいで冷たかった。
 明日へのワクワクした気持ちを抑えて皆なんとか就寝した。

渡瀬

9月7日 曇りのち雨

 この日は権現岳への登りから始まった。
朝のうちは晴れていたので、昨日登ってきた編笠山の向こうに南アルプスがよく見えて美しかった。
 縦走路から少しそれて強風吹きすさぶ権現岳へ登頂した。
 それから赤岳へ向かう途中で1人が滑落するという事故があった。
幸い、10数mを滑り台のように滑り落ちたようで、傷も腕の擦り傷だけだったので良かったが、自分も気を付けなければならないと感じた。
赤岳直下のキレット小屋で休憩し、急登を登り始めた。
途中、一瞬山頂付近が晴れた時もあったので景色が望めればと思っていたが、登頂するとガスってしまって何も見えなかった。
しばらくすると小雨が降り始めたが、どうせすぐやむだろうと思って出発した。
しかし、雨脚が弱まらないので途中でレインを着用する。
横岳はあまりぱっとしない山頂で、当然何も見えなかった。
予定よりもだいぶ遅れていたので急いで硫黄岳を目指した。
登山道は広いガレ場となっており、ガスで視界も悪いので点在するケルンを目印に辿って行った。
非常に広い山頂で、私は爆裂火口壁を見たかったのだがガスで見えず残念だった。
それからは夏沢峠を経て本沢温泉へと下った。
途中で硫黄のにおいが漂っていて斜面が黄色くなっている箇所もあった。
日本一の秘湯と言っているだけあって宿泊者も多い所だった。
テントを張り夕食を食べた後、男子3人で野天風呂に入った。
ものすごい硫黄の臭いであったがちょうどいい湯加減だった。
 この日は雨でコースタイムも延びて辛い縦走だったが、リフレッシュすることができよかった。
草野

9月8日 雨
この日は朝から雨だったが、前日に立てた計画通り、天狗岳を越えて下山することとなった。
道はぬかるみ、水たまりが所々にあり歩きにくかった。
それでも慎重に歩を進め、無事東天狗に登頂した。
ガスがかかり、景色を楽しむことはできなかった。
西天狗を目指したが、看板が風で回転していたらしく、途中で道を間違えたことに気付いた。
引き返すことも考えたが、天候や体力、このルートでも下山できるという点から、西天狗を断念した。
その後は地面が土ではなく石だったため、滑りやすく下りるのが怖かった。
最後に国の重要文化財指定の片倉館という温泉に入り、甲府へ電車で帰った。

広田





山行記録-2013年度 | 21:15:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。