FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏合宿 8月26日~29日
8月26日~29日 木曽駒ヶ岳~空木岳
CL:草野(3年)
SL:白井(2年)
メンバー:岡村(2年)

山行タイム
1日目 北御所登山口7:45~8:30蛇腹沢登山口~9:10清水平~10:10うどんや峠~12:00舟窪~13:05八合目~14:40頂上山荘~16:10木曽駒ヶ岳~16:45頂上山荘
2日目 頂上山荘4:25~木曽駒ヶ岳4:40~6:30頂上山荘~7:10宝剣岳~7:45三ノ沢分岐~10:30檜尾岳~12:05熊沢岳~13:50東川岳~16:10空木岳~17:17空木平避難小屋
3日目 空木平避難小屋6:43~8:50池山小屋入口~10:02林道終点~10:52池山尾根登山口

8月26日
甲府始発の電車に乗っての登山は時間的に厳しいため、麓の駒ヶ根市に前泊した。甲府2時47分発の電車に乗り、5時50分に駒ヶ根に到着。家族旅行村にてテントを張った。

8月27日 晴れ
5時起床。昨夜から降っていた雨も明け方にはやみ、よく晴れていた。7時9分のロープウェイ駅行のバスに乗り、北御所登山口にて下車。木曽駒に登る最もメジャーな登山道だが、ここで降りたのは私たちだけだった。
まずは林道を登り始め、蛇腹沢登山口から本格的な登山道になった。急登を息を切らしながら登る。清水平にて中学校の集団登山と出会う。(長野県の中学校は2年時にアルプス級の山に登る)ここから中学生のペースに合わせながら後ろをついて行く。小屋場でやっと彼らを追い越し、舟窪に着くと稜線に出た。八号目、伊那前岳を越えて乗越浄土まで来れば、もう一息である。中岳を越えて、頂上山荘にてテントを張った。標高差1500mを登ってきてかなり疲れたので、仮眠をとる。
その後、木曽駒ヶ岳に登頂。初めはガスっていて何も見えなかったが、少し待つと晴れてきて、360度の素晴らしい眺めであった。その後テントへ戻ったが、1人が高山病で体調を崩した。その際、隣のテントの山口県立大学ワンダーフォーゲル部の方々から食料やアドバイスなどを頂いた。感謝。高山病への対策はしっかりしなければならないと痛感した。

8月28日 晴れ
3時起床。強風でフライが飛ばされそうになり、寒さでほとんど寝ることができなかった。朝食をとり、木曽駒山頂にて御来光を見た。あまり雲がなく、遠くまで見渡すことができ感動した。
そんなことをしていたら、6時半になってしまい急いで出発。水場が稜線上にないので、その分かなりの重荷となった。まずは宝剣岳。急峻な岩場と鎖場が連続する危険箇所で、一瞬たりとも気を許せない。慎重にクリアし、三の沢分岐まで来ると稜線歩きになった。桧尾岳、熊沢岳、東川岳と3つの山を越えたが、アップダウンの連続でかなり体力を消耗した。木曽殿山荘まで大きく下って休憩し、ラストの空木岳に挑んだ。ここも岩場、鎖場が多く、這うようにして登った。しかも頂上は第3、4ピークであり、心が折れそうになった。登山というよりはボルダリングをしているようだった。なんとか登頂したが、ガスってしまって何も見えなかった。
そして空木平避難小屋まで下ったのだが、山頂から小屋までが非常に長かった。とてもきれいな小屋で、他に6人の登山者がいた。中央アルプスはテン場が頂上山荘にしかなく、避難小屋もちょうどいい間隔にないため、長めの山行となった。

8月29日 晴れ
5時起床。メンバーの体力が限界に近づいていたため、行程を短縮して南駒ヶ岳までのピストンを提案した。しかし、明日の天候が雨ということもあり、下山を決断した。痩せ尾根上の細かなピークが連続する下山道だった。小地獄、大地獄も難なく通過した。池山小屋入口の水場で休憩した。池山山頂に寄る体力もなく、一気に下山した。その後、温泉に入り、名物のソースカツ丼を食べ、帰途についた。

まとめ
1日目の登山が最もきついと思っていたら、2日目の縦走も同様にきつかった。自分の体力不足を痛感した。2つの百名山には登頂したので、最低限の目標は達成できた。今回の山行を糧に、皆には頑張って欲しい。今回私は初めてリーダーをやらせて頂いたが、本当に良い経験となった。

文責 草野
BTMMW9zCIAAFRHV.jpg




山行記録-2013年度 | 07:18:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。