FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
剱岳・立山 縦走合宿
日時:8月4日~8月8日(8日は予備日)
メンバー:3年 竹内、松原 2年 鈴木、木村 1年 高崎、早坂、薬師神

8月4日 天気:晴れ
5:20体育館前集合→5:30大学出発
車班
11:00立山駅着
レンタカー班
10:30電鉄富山駅前のトヨタレンタリース着→富山駅発 立山方面行き(富山地鉄本線)→12:30立山駅着
合流
13:30立山駅発 立山ケーブルカー(美女平行き)→13:37 美女平着→14:00発高原バス(室堂行き)→14:50室堂バスターミナル着→16:00 雷鳥沢キャンプ場着

 朝5時半に大学に集合した。合宿の荷物はとても重く感じれらた。皆集まった後、レンタカーのVOXYと松原先輩の車に分かれて乗り、出発。レンタカー班は富山駅でレンタカーを乗り捨ててそこからは電車で立山駅に向かい、車班は直接立山駅に向かった。立山駅で合流してから、駅周辺の定食屋で昼食をとった。立山駅からケーブルカーやバスで室堂バスターミナルに移動し、午後4時には雷鳥沢キャンプ場に着いた。
 テントを張って、少し休んだあと雷鳥荘の展望浴場に入った。とても雄大な景色に癒された。午後5時半ぐらいから夕飯の支度を始めた。メニューはキムチ鍋である。鍋の小ささから具材があふれそうで、かつ調理には時間がかかった。だいたい火が通り、食べ始めると幸せな気分になった。ただ人参だけは手ごわく、なかなか火が通らなかった。そして、しめのうどんも美味しく頂いた。片付け後は再びテントでごろごろした。
 日が暮れて夜になり、テントを出てみると満天の星空に感動した。夜中あまり寝つけず、深夜は雨風が強かったのを感じた。



8月5日 天気:晴れ→曇り
5:00起床→6:40雷鳥沢キャンプ場出発→8:26一ノ越→9:45雄山→10:54大汝山→富士ノ折立→真砂岳→13:28別山→14:55剱沢キャンプ場着

 朝5時に起床し、朝食にはサンドイッチとコーンポタージュを食べた。その時、サンドイッチにキュウリを入れるのを忘れていたため、そのままかじりついて食べた。天気は快晴で朝日が気持ちよかった。
 朝食を片付け、テントをたたみ、準備をして6時40分に雷鳥沢キャンプ場を出発。歩くごとにだんだんテント場のテントが小さく見えた。初めは平坦な道のりであったが、だんだんと険しくなり、かつ日帰りとは違う荷物の重量に苦しめられながら8時20分頃に一ノ越山荘に到着。まわりに連なる山々のパノラマは美しかった。
 雄山への道のりは更に険しく、苦労した。歩いているとだんだんと雲が増えていった。次の大汝山山頂では黒部ダムを雲の隙間に見ることができた。富士ノ折立はさっと通過し、真砂岳で昼食をとった。その後、午後1時半に別山に到着。少し休憩をして出発すると、遠くの方にこの日の目標である剱沢キャンプ場が見えた。見えてもなかなかたどり着かず、だんだんと近づき、ようやく午後3時頃にキャンプ場に着いた。テント場は混んでいて、あと石がごろごろしているため、張る位置を探し、テントを張った。
 ガスが多かったが、剱岳山頂まで見ることができた。それと同時に、無事戻ってこれるのかと不安が募った。少し時間が経つと雨が降り始め、若干テント内に浸水してきた。夕飯は、テント入口付近で喚起に気を付け、米を炊き、レトルトで食べた。
 一時雨は止んだが、夜はさらに強い雨となった。
F1000075_convert_20120604174226.jpg

F1000063_convert_20120604174502.jpg

8月6日 天気:晴れ→曇り→雨→曇り
4:00起床→5:15剱沢キャンプ場出発(サブバック)→5:45剣山荘→一服剱→7:17前剱→平蔵のコル→8:40剱岳山頂→9:00剱岳山頂発→平蔵のコル→前剱→一服剱→剱山荘→剱沢キャンプ場→剱御前小屋→雷鳥沢キャンプ場→室堂バスターミナル(高原バス)→美女平(立山ケーブルカー)→立山駅
 
 朝4時に起床。朝食はフランスパンとコーンポタージュを食べた。必要な物をサブザックに詰め、テントを後にして出発。剣山荘で日の出を迎え、清々しい気分になった。何度も出会う慣れない鎖場は緊張の連続で、高度感もだいぶあった。ただ、ガスがでていて多少は恐怖心が和らいだ。一服剱、前剱と進み、難関らしいカニのたてばいにとりつく。慎重に、必死に登っていたら、何とか通過できた。その後はまたジグザグした登りが続き、とうとう剱岳山頂に立った。よくここまで来ることができたと思った。達成感はあるものの、景色は真っ白で残念だった。
 混まないうちに帰るため、写真撮影と休憩をして下山を始めた。すでにカニのよこばいに取りつく待ち行列ができていた。そして、嫌なことに小雨が降り始めた。だんだん自分の番が近づき緊張した。だが、第一歩の足場にちゃんと乗れてほっとした。さらに雨は強くなり、すべての岩がすべりやすそうで怖かった。とにかく前に進み、剱沢キャンプ場まで無事に戻って
これたときは安堵した。
 予定では雷鳥沢キャンプ場でもう一泊することになっていたが、早く計画が終了できそうで、かつ、室堂バスターミナルまで戻れば何とか最終便で立山駅まで戻れるという案が出て、下りはかなり急ピッチで室堂まで戻った。辛かったが、高原バスに間に合いほっとした。正確な時間を記録していなかったが、もう日は沈んでいた。立山駅近くの浴場に行き、久々に感じられたお風呂に癒された。その後、夕食を食べられそうな飲食店を探すも時間的に閉まっていて、しかたなく三日目の夕食用のパスタを立山駅近くで茹でて、レトルトのソースで食べた。その後、駅構内で一泊しようという感じであったが、終電後は戸締りをするそうで、外にでることになった。ホテルは泊まれそうになく、駐車場近くの公園にテントを張り、一泊した。

F1000060_convert_20120604174931.jpg


8月7日 天気:晴れ→雨→曇り
5:00起床→6:00出発
車班
立山駅→富山駅前トヨタレンタリース
レンタカー班
立山駅→電鉄富山駅→富山駅前トヨタレンタリース
合流
11:00白川郷着→13:30白川郷発→19:00大学着

 朝5時に起きてテントをたたみ、荷物をまとめた後、立山駅近くの飲食店でそばを食べた。この日は観光として白川郷へ行った。天気はとても晴れていて、暑かった。昼食を白川郷で食べ、散策をしてお土産等も買った。だんだん雲行きが怪しくなり、雷も遠くで鳴り出した。車に戻って出発すると、じきに豪雨のような夕立にあった。また長距離を移動し、大学に無事戻ってくることができた。
F1000059_convert_20120604175115.jpg

高崎

山行記録-2011年度 | 15:10:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。